INFINITY ∞ PILATES
  • ameba-logo2
  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon
  • White YouTube Icon

© 2017 INFINITY ∞ PILATES in TOKYO

∞指導者が共に学び高め合える場@原宿

17.06.2017

 

 

おはようございます。

INFINITY∞PILATESの寺田紘子です。

 

 

昨夜は、

BASI PILATESの加藤純子さんを招き、

 

ピラティスインストラクターに向け

【フォームローラーレッスンの効果的な指導法 】

のワークショップを

開催させていただきました。

 

ご参加下さった皆様、

ありがとうございました。 

 

 

 

ピラティスは、

 

ヨガでいう“流派”のように

指導者資格を発行している

団体によって

 

基本原則やエクササイズの流れ、

アプローチの仕方が違い、

それぞれに特徴があります。

 

 

 

私は、

STOTT PILATESという団体で

10年以上学んできました。

 

その間、

他の団体のトップの先生方の

レッスンも受け

 

様々な違いを感じ、

 

その違いが

今まで学んできたものの

モディフィケーションや

プログレッションになるな、と

 

ピラティスの新たな一面に触れ

ワクワクし、

視点が変わり、

 

自分のお伝え出来る

引き出しが増えていったように思います。

 

 

 

そのような経験から、

 

今回

私とは違うピラティスの世界で

 

12年以上という経験を積んだ

BASI PILATESの純子先生に

講師をお願いしました。

 

 

 

 

『自分が学んできた資格団体と

違うピラティス・メソッドに触れることで、

新たなピラティスの魅力に出会うことが

出来るだけではなく、

 

今まで学んできたメソッドの

素晴らしさを再認識出来る機会にもなる!』

 

 

 

純子先生

ピラティスに対して、

 

そして

人に対しての愛溢れるご指導に、

 

参加者の皆様は衝撃を受けたり、

多くの気付きがあったようです。

 

 

 

90分で

フォームローラーの

魅力も再確認出来、

 

改めて

“可動域だけではなく

可能性を広げてくれるツール”

 

だと感じました。

 

 

 

 

私個人としては、

 

団体も指導歴も

指導カテゴリー(ピラティスもヨガも

ダンスインストラクターもトレーナーも)

 

の枠を超え

 

様々な人が集まり

学び高め合える場。

 

こういう場を作りたい!!!

 

と長年思ってきました。

 

 

 

今回、

 

純子先生と参加して下さった皆様の

お陰で、

 

それをカタチにすることが出来、

感無量です。

 

まだまだはじめの一歩。

 

これからも

指導者の成功の為に

お客様のQOL向上の為に

 

一歩一歩前進して参りますので、

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 

皆様、

ありがとうございました。

 

 

 

 

次回のワークショップは、

7月15日(土)

 

伝統的なピラティスマットワーク

~股関節へのアプローチ~

です。

 

まだ空きがございます。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ブログ一覧

Please reload