INFINITY ∞ PILATES
  • ameba-logo2
  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon
  • White YouTube Icon

© 2017 INFINITY ∞ PILATES in TOKYO

∞ピラティスは何歳まで出来るエクササイズ?

17.05.2019

 

おはようございます。

INFINITY∞PILATES寺田紘子です。

 

 

 

さて、

 

こちらの美しい姿勢の方、

おいくつに見えますか?

 

 

 

 

この写真は、

私のメンターCara Reeser先生の
アメリカ・デンバーにあるスタジオ
Pilates Aligned

インスタグラムに

アップされていた写真です。


皆さんにシェアしたい!と思い、
Cara先生から許可をもらい
使用させていただいています。 

 

 

 

 

“ Doing Pilates at 91!!! ”

 

なんとこの方、

91歳なんです!!!

 

 

しかも

 

Core Alignという

足元が不安定な

左右バラバラにスライドするボードに

乗っています!

 

 

 

 

私は、

デンバーのPilates Alignedに

今まで3回訪れたことがあり、

 

そこで研修を受講するだけではなく、

プライベートセッションや

グループレッスンも受講し、

 

それ以外は

Cara先生のプライベートセッションを

ずっと見学させていただいていました。

 

その中で、

この写真のようシーンを

何度も観させていただき、

心が震える体験を沢山しました。

 

 

 

 

ある80代の女性。

 

左半身麻痺の影響で

歩くことも大変で

歩行器が手離せない。

 

それでも

ひとりで自家用車を運転して

スタジオまでいらっしゃる。

 

全身痛みで辛いはずなのに、

自身のトレーニングを懸命にこなそうと

休み休み、マイペースに

真剣な眼差しで取り組まれる姿に

何度も胸が熱くなったのを覚えています。

 

今、その姿を思い出すだけで

胸が熱くなります。

 

 

その方は、

セッションの合間のCara先生や

私との会話を

笑顔で楽しまれていて、

 

ユーモアもあり

本当に素敵な女性でした。

 

 

2017年11月に初めて会い、

2018年8月に再会した時は、

私のことを覚えてて下さり、

 

2019年3月の研修時、

Cara先生から

その方が亡くなったことを告げられ

涙が止まりませんでした。

 

 

 

また、

ある80代のご夫婦。

 

週2回スタジオにいらっしゃり、

30分のセッションを楽しまれていく。

 

旦那様は認知症。

インストラクターに手を引かれ、

笑顔で会話を楽しまれ

 

奥様は脊柱後湾症が強くなり、

仰向けになるとき

痛みで叫んでしまう程。

 

それでも

Cara先生の全身を使った補助と

リフォーマーのマシン特性を活かした

動きにより、

 

セッション後は

姿勢が少しシャンとして

気持ちも穏やかに

帰っていかれる。

 

 

 

 

他には、

 

かなりの長い間ピラティスを

実践されてきたであろう

ある70代の女性は、

 

キャディラック(ピラティスマシンのひとつ)

にぶら下がり

逆立ちや逆立ちの位置で腹筋運動をしたり

していました。

 

あまりイメージ出来ませんよね?

こんなエクササイズがあります。

 

 

私は、

とても驚き感動しましたが、

Pilates Alignedでは当たり前の日常の

ワンシーン。

 

周りの人たちは、

温かく見守っている。

そんな雰囲気でした。

 

 

 

 

今年3月に行った

アメリカ・ソルトレイクシティでは、

 

友人(50代のインストラクター)の

朝10時からのグループレッスンに

13名の女性たちが集まり、

 

私を含めインストラクター4名、

そして50代、60代の女性たちに混ざり

 

数名70代であろう女性も参加。

 

 

 

赤いリップとマニュキュアに

ルルレモン

(ヨガ・ピラティスウエアのブランド)の

ウエアをビシッと着こなしていた姿の方が

印象的で、

 

クラス内容は

私が受けてとても動き堪えがあり楽しい!

と思った中・上級のエクササイズ。

 

そんな内容にも

チャレンジされ楽しまれていました。

 

 

それもそのはず!

ピラティス歴約20年。

 

インストラクターとの付き合いも長く、

本当に“家族”のような"友人同士"のような

関係性で

 

アクティブに健康に美しく

共に歳を重ねている姿を

垣間見ることができ、

感動したことも思い出しました。

 

 

 

 

そして

私のスタジオINFINITY∞PILATESにも、

 

80代のお客様

杖をつきながら

通って下さっています。

 

毎回、

うまく出来ないことに対して

「悔しい!悔しい!」と言いながら

真摯にご自分の体と対話されています。

 

 

先日のセッションでは、

 

ここ1年程痛みがあり

腕の挙がりが悪くなっていた左腕に、

大きな変化がありました!

 

 

慢性的な痛みは、

脳が“痛い!”と反応することも多いので、

 

その日は世間話で

気持ちを落ち着かせていただきながら、

リブケージ アームという

エクササイズにチャレンジ。

 

おひとりで行っていると

『こっちは痛いから』と痛い経験を

脳が覚えているから

いつもの可動域。

 

そこで、

肩甲骨、鎖骨、上腕骨の動きの

リズムをお伝えし、

 

手で導いて差し上げながら

『ここは大丈夫』『ここは安全ですよ』と

伝えながら進めていくと、

 

スーッと腕が挙がり動くように

なりました!

 

 

その後もお話しをしながら

動き続けていただき

 

ご本人が気づかない内に

私のサポートの手を離しましたが、

 

スムーズな動きは続き、

長く抱えていた痛みはなくなりました!

 

 

 

年齢と共に

後退すること、出来なくなること、

も増える中、

 

人間の身体は

きちんと取り扱ってあげ

正しく動かしていってあげれば

前進する!と

 

目の当たりし、

深く感動した瞬間でした!

 

 

 

 

 

さて、今回のブログタイトルの

 

『ピラティスは、何歳まで出来る

エクササイズ?』

 

 

 

私の経験を通した考えは、

 

「一生涯出来るエクササイズです!」

 

 

 

 

 

一生涯出来るエクササイズ

であっても、

 

良い指導者と

そのような運動環境があってこそ

それが成り立つと考えます。

 

 

だから今後は、

 

60代、70代、80代、

そしてもちろん90代の方も

 

堂々と、当たり前のように

ピラティススタジオに通うことが出来る

 

そして新しいことにも

チャレンジ出来る

 

そんな環境を作ることも視野に入れ、

活動していきたいと思っています。

 

 

 

今ご一緒して下さっている

お客様も含め、

 

日本に

元気で健康に

運動を継続して下さる方々が増え

 

アクティブに前向きに

歳を重ねる方が

増えていきますように。

 

 

 

 

 

 

追伸

 

 

上の写真や

上記のようなシーンを

 

インストラクターの皆さまとは

今後の活動の参考にする為に、

 

お客様とは

この先の運動継続の

モチベーションupの為に

 

一緒に共有したく

 

今年の海外イベントは

デンバーのスタジオを

Pilates Alignedにて開催致します。

 

 

ピラティスリトリート in デンバー 

 

 

 

 

イベントの内容以外に、

現地インストラクターたちの

セッション風景やスタジオの雰囲気を

“体感”していただけますので、

 

そのような意味でも

よく言う《価値観が変わる!》程の

体験を

今回は沢山していただける環境です。

 

 

(ピラティスの歴史は、

日本よりアメリカの方が長いですので、

日本では見ることが出来ない光景が

たくさんあります。

 

生徒さんだけではなく、

インストラクターの年齢層が

高かったり(笑)、

 

ピラティスの歴史に触れる品物が

多くあったり。

 

ちなみに、

Pilates Alignedには

ジョセフ・ピラティス氏の使っていた

チェアがあります!)

 

 

 

 

この先の時代を見据え

行動していく為に、

 

力強く

生き抜く為に、

 

自分にしか出来ない方法で

人の役に立っていく為に

 

旅の期間中、

様々なことを語り

喜びや感動を共有しましょう!

 

 

 

残り5枠となりました。

ご参加をお待ちしております。

 

 

ピラティスリトリート in デンバー 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ブログ一覧

Please reload