INFINITY ∞ PILATES
  • ameba-logo2
  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon
  • White YouTube Icon

© 2017 INFINITY ∞ PILATES in TOKYO

∞海外からのお客様たち

15.07.2019

 

おはようございます。

INFINITY∞PILATES 寺田紘子です。

 

 

人が人を繋いで下さり、

現在スタジオには10代〜80代までの

お客様に足を運んでいただいています。

 

日本人だけではなく、

様々な国の方々も

定期的に、または東京滞在中に

スタジオにいらして下さいます。

 

最近は、

海外からのお客様の訪問が多かったので、

その模様を綴りたいと思います。

 

 

 

 

先月。

カナダ・バンクーバーから

友人がセッションを受けに来てくれました。

 

彼女とは

以前お世話になっていたスタジオで

出会いのご縁をいただいて以降、

 

定期的にピラティス時間を共有しながら、

今ではプライベートでも

仲良くさせていただいています。

 

 

世界をあちこち回っている彼女。

 

行く先々でトレーニングにも

励んでいるようですが、

素晴らしいパーソナルトレーナーには

出会えるものの、

 

ピラティスに関しては

苦い経験も多かったようで、

 

私のセッションに

絶大なる信頼を寄せてくれています。

 

そんな訳で、

帰国の際にはいつでも連絡をくれ、

セッションを受けに来てくれます。

 

もう4, 5年のお付き合い。

彼女の女性として、そして人間としての

成長に毎回刺激を受けます。

 

 

 

 

 

先週。

韓国からお客様がいらっしゃいました。

 

韓国でピラティス養成コースを

担当していた友人が繋いでくれたご縁で、

素敵な女性に出会うことが出来ました。

 

友人の生徒さんのひとり。

ピラティス歴1年で養成コース受講。

 

今後も自分のカラダの為に、

学びを続けていきたい!と

東京滞在中の約1ヶ月、

INFINITY∞PILATESに足を運んで下さる

ことを決めてくれました。

 

 

初回の先週は、

リクエストもあり

<〇〇メソッド>にこだわらず

私の経験から“今の彼女に必要“な

エクササイズだけではなく

言葉も選び、

 

様々なプロップスやイクイップメント、

そして“表現”を使い

より良い動きへと導きました。

 

 

「これが出来ない。苦手。」

「いつもこうなる。」

「これがいつもよくわからない。」

 

と日頃のセッションで

自分の体を理解できるようになったけど、

今一歩しっくりくるポジションや動きが

見つからない。そんな現状でした。

 

 

それをひとつひとつ

ディスカッションしながら動きを導き、

新たな意識の仕方の提案しながら

セッションを進めていき、

 

体の変化、動きやすさ、

わかりやすい解説に

大満足していただけました!

 

互いに母国語ではない英語で、

沢山のことを共有し合い

本当に充実した時間となりました。

 

一期一会のセッション後の

笑顔の一枚!

 

 

 

 

 

一昨日。

 

いつも足を運んで下さっている

アメリカ人のお客様のひとりが、

 

現在東京滞在中のお母さまを連れて

1時間ずつセッションを受けに

来て下さいました。

 

 

お母さまは、

過去の怪我があるにも関わらず、

とても体を動かすことに対して前向きで

 

最初の10分で

彼女動きが「素晴らしい!!」と感動し、

下記のピラティス氏の言葉を

シェアさせていただきました!

 

 

You are only as young as your spine is flexible.

by Joseph H Pilates 

 

~脊柱が柔軟である限り、
あなたは若いのだ~ 

 

 

私→ 

That’s why you are younger than ages!

You are amazing!!!

 

とお伝えしました。

 

 

その後も、

彼女の動きの特徴や癖を指摘し、

こうしたらどう?と提案する形で

リードしていくと

 

関節可動域が格段に広がり、

動きがよりスムーズに美しくなりました。

 

そんな姿を

娘さんも一緒に励まし、喜び、楽しむ。

素敵な空間でした!

 

その後 

娘さんのセッションを見学され、

一緒に楽しんで下さいました。

 

 

最後に

「質問とか、日頃のカラダについての

悩みとかありますか?」

そう尋ねると、 

 

お礼の言葉とともに

「私は自分がこんなにも動けると思っていなかったから、その可能性を感じられ、とても嬉しかったわ。リタイアしたばかりで、これからたっぷり時間があるから、自分のカラダの為に時間を使っていこうと思う。」

 

そう想いを伝えて下さいました。

 

指導者冥利に尽きる有難い言葉。

忘れないように、とこのブログに

書き留めておきました。

 

 

 

 

∞ ピラティスとは・・・の私の見解 ∞

 

国籍も年齢も関係なく、

ピラティス・メソッドは

 

人が本来持つ

身体の機能を回復させるエクササイズ

であるだけではなく、

 

ココロとカラダを繋ぎ

人の可能性を広げていくものであり

 

人と人が繋がり出会うことで

互いのエネルギーが掛け合わされ

また大きなエネルギーを生み出し、

幸福を生み出す。

 

 

このように

毎日の1セッション1セッションで

実感しています。

 

上記のような訳で、

私自身のエネルギーも高まり、

スタジオには常にhappyな空気が

流れているのかな、と思います!

 

訪れて下さる皆さま、

ありがとうございます。

 

 

 

 

最後に、

 

最近の好きなコトバを

シェアさせていただきます。

 

 

ハーバード大学教授

Yukio Lippit氏のこんな言葉が、

 

私が長年抱いていた

言葉にできない想いを表して下さっていて

とても共感できました。

 

 

「自国と同じように他国にも優れた文化、文明、社会がある」ということを認識すれば、

人間としての幅が広がります。

 

他国から学ばなければ、自分中心の狭い世界

から出ることはできません。

 

教養は、自分の思考の限界を超えるためにも、

自分とは異なる文化や社会に共感する力を

養うためにも、必要不可欠なものなのです。

 

〜ハーバードの日本人論
佐藤智恵著書より抜粋〜

 

 

 

ここでいう教養は、

私にとってはピラティスを通しての

すべての時間とすべての学びに

置き換えられます。

 

だから私が

海外に学びに行くのは

必要不可欠なものであり、

 

語学力を高めることも

必須であり、

 

外国人のお客様の依頼も

可能な範囲でお受けしています。

 

 

これらすべての学びや経験が

日本人ピラティスインストラクターとして

の自信と誇りに繋がり、

 

インターナショナルに活躍できる

後進を育成していく基礎固めとなり、

 

運動指導を通して

日本人の高い指導力とおもてなしの心を

もっともっと海外に発信できる日が

来るといいな、と思い     

コツコツと前進しています。 

 

 

 

皆さま

いつも支えて下さり、ありがとうございます。

 

これからも

どうぞ宜しくお願い致します!

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ブログ一覧

Please reload