INFINITY ∞ PILATES
  • ameba-logo2
  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon
  • White YouTube Icon

© 2017 INFINITY ∞ PILATES in TOKYO

∞デンバー研修2019終了

14.08.2019

こんばんは。

INFINITY∞PILATES 寺田紘子です。

 

8月6日から本日14日まで

休暇をいただき、

 

アメリカ・カリフォルニアの

マンハッタンビーチ、

ヴェニスビーチ、コスタメサと

コロラド州デンバーに行ってきました。

先程、帰国しました。 

 

 

今回の主な目的は、

2017年以降毎年参加している

The Heritage Training修了生に向けた

アップデートの機会

Movement Science Mede Simple

というコースに参加することでした。

 

 

その前に

カリフォルニアに3日間立ち寄り、

友人の移転した新しいスタジオを訪れたり

友人宅にホームステイしたり、

 

今回家族のことでデンバー研修に

参加できない友人たちに会いに

色んな土地を訪れ、

 

家族のこと、ビジネスことなど

近況報告をしながら

年に1回の貴重な再会のひと時を

大切に過ごしてきました。

 

 

 

そして

デンバー滞在5日。

その内、3日間はコース参加。

 

今回のテーマは 

下肢のキネティックチェーン(運動連鎖)。

 

特に、痛みや問題が起こりやすい膝や足首、

足🦶(フット)について学びを深め

様々なアイデアをいただいてきました。

 

皆さまの

脚、足タイプに必要なエクササイズを

セッションを通し

シェアさせていただくのが楽しみです。

 

 

コースは

座学から始まり、

ピラティス第二世代ティーチャー

Cara先生のマットワーク、

理学療法士でピラティスインストラクターの

Jeremy先生の解剖学的視点からの

アプローチ。

そして

ペアワークやグループディスカッション。

 

3日間のコースでは、

このサイクルを3から4回繰り返し、

先生方交互に、また一緒に

それぞれの視点で指導して下さいます。

 

 

Cara先生とJeremy先生。

 

 

 

ペアワーク。

時には、自然にグループワークとなっていき

互いのアイデアを出し合い、

習ったことの理解を深めていきます。

 

 

 

左、マンハッタンビーチスタジオオーナー

Stacey 

右、Cara先生のスタジオインストラクターの

ひとりJodi 

 

 

左、Cara先生

右、シカゴのスタジオオーナーErin

 

 

コース修了後のグループ写真。

コース中に、Jeremy先生がとったポーズを

みんなで真似て。笑

 

 

 

 

2016年以降、

Cara先生の繋がりをきっかけに

アメリカ全土にピラティス仲間の輪が広がり

アメリカを訪れる機会が増えました。

 

研修旅行は、

仲間との時間を過ごす楽しみも

大きいのですが、

 

休暇をいただき

アメリカでコースやワークショップに

参加する意味は、

 

“先生と生徒”というスタンスではなく、

ひとつのテーマに対して

みんなが自分の意見や経験と共に

議論し合いながら

より良い方法を見つけていく!

 

そんなスタイルの学びの場が、

私にとってとても視野を広げるのに

役立つからです。

 

 

もちろん、

そのような素晴らしい学びの場は

日本各地にもありますが、

 

ピラティス指導者として

スタジオオーナーとして

教育者(養成講師)として

 

活動年数的に、

私以上のキャリアや経験を持つ

インストラクターの中で学ぶことが

 

ここ数年の自分のキャリア構築の

ロールモデルや刺激となっているので

そこに大きな価値を感じています。

 

 

 

3年連続で参加していると

カリフォルニアのThe Heritage Trainingで

学んだ仲間だけではなく、

 

世界各地でそのコースを受け、

Cara先生を慕って集まる人たちとの

繋がりも出来

 

年に1回会う楽しみや

近況報告で互いの成功を喜び合ったりする

場となっていて、年々行く意味や価値が

奥深いものになっています。

 

 

また毎年、新たな出会いもあり、

彼らのキャリア構築の過程や

ビジネスへの考え方に刺激を受けます。

 

本当に

道は、十人十色だな、と。

 

 

 

ピラティスを

どこの教育機関で学ぶことか?

ということも重要ですが、

 

それ以上に

どう進むのか、どうなっていきたいのか、

そのために誰から学ぶのか?

が大事で

 

その点が、

日本に比べてアメリカはとても自由で

 

ピラティスの歴史も長いのと

ピラティスマスターたちが

アメリカで活動していることもあり

誰から学ぶかの選択肢も幅広く、

 

オリジナルの道を

構築していきやすいのかな、と思います。

 

 

 

今回の旅で、

日本では聞いたことがない先生や

ワークショップ・コース情報を

友人たちからシェアしてもらったので

 

今後は

Cara先生から学びつつ、

また人体についての学びを

様々な場所で深めていきたいと思います。

 

 

 

また今回、

デンバーでは3人の友人たちと

ルームシェアをしました。

 

3人すべて、長年教育者としても

進んできている方々なので、

 

今後のスタジオで開催していこうと

考えている養成コースについて

アドバイスをいただいたり

 

今後のスタジオの方向性などを

ブレインストーミングしてきました。

 

これも

この旅の目的。

 

たくさんの収穫がありましたので、

これを活かしてカタチにしていきたいです!

 

今後をご期待下さい!

 

 

 

明日10時から、

スタジオでのセッションを再開致します。

 

これからもスタジオでは、

皆さまの心と体が喜ぶ時間を

提供できるよう

心地よい環境作りに努めて参ります。

 

今後とも

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ブログ一覧

Please reload